IE8のpng透過の際、黒くなる場合の対処

透過対象に背景色を指定してあげることで解消

img{
	background: #FFF; /*背景色を指定*/
}

ページを読み込んでからアンカー移動

WordPressの記事内容を文字数を制限して表示

WordPressで記事の内容を表示させたい時は
記事内容表示テンプレートタグ

<?php the_content(); ?>

で表示されます。 これを文字数を制限するには

<?php echo mb_substr(strip_tags($post-> post_content),0,200); ?>

更に制限した記事の後ろに ・・・を追加

<?php echo mb_substr(strip_tags($post-> post_content),0,200).'...'; ?>

WordPressでカスタムタクソノミー一覧を表示する

WordPressでカスタムタクソノミー一覧を表示する場合は、
以下のコードを使用すると良い。

<?php
$args = array(
	'numberposts' => -1,			//表示(取得)する記事の数 ※-1で全件表示
	'post_type' => 'shop',		//投稿タイプの指定
	'taxonomy' => 'area',			//タクソノミー名を指定
	'term' => 'kyubo',				//タームを指定
	'orderby' => 'date',			//ソート対象を指定
	'order' => 'DESC'					//ソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
);
$customPosts = get_posts($args);
if($customPosts) : foreach($customPosts as $post) : setup_postdata( $post );
?>
<div><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></div>
<?php endforeach; ?>
<?php else : //記事が無い場合 ?>
<div><p>記事はまだありません。</p></div>
<?php
endif;
wp_reset_postdata(); //クエリのリセット
?>

証明書のインストールボタンが表示されない

証明書をインストールしたいけど、そのボタンが表示されないときの対応メモ。
ツール>インターネットオプション>セキュリティ
信頼済みサイトを選択
サイトをクリック
このwebサイトをゾーンに追加する
ブラウザを開きなおせば、証明書のインストールボタンは表示される。

【WordPress】アーカイブページで現在のカテゴリ・タグの情報を簡単に取得する方法

1. 以下の関数をそのままfunctions.php内の最下部あたりに貼り付けます。

/*
	アーカイブページで現在のカテゴリー・タグ・タームを取得する
*/
function get_current_term(){

	$id;
	$tax_slug;

	if(is_category()){
		$tax_slug = "category";
		$id = get_query_var('cat');	
	}else if(is_tag()){
		$tax_slug = "post_tag";
		$id = get_query_var('tag_id');	
	}else if(is_tax()){
		$tax_slug = get_query_var('taxonomy');	
		$term_slug = get_query_var('term');	
		$term = get_term_by("slug",$term_slug,$tax_slug);
		$id = $term->term_id;
	}

	return get_term($id,$tax_slug);
}

2. あとはアーカイブ(category.php、tag.phpなど)テンプレートの任意の場所に以下のソースコードを記述するだけ!

//カテゴリ・タグ・カスタムタクソノミー オブジェクトを取得
$term = get_current_term(); 

//以下は必要に応じて記述
echo $term->name; //名前を表示
echo $term->slug; //スラッグを表示
echo $term->description; //説明文を表示
echo $term->count; //投稿数を表示

地味な関数ですが今まではアーカイブの種類ごとに記述を変更する必要がありましたが、この関数で各アーカイブ共通の記述で情報が取得できるようになるので重宝するかと思います。
※この関数は投稿ページ(single.php)では使用できません。投稿ページではget_the_category()やget_term()をお使いください。

WordPressに管理画面固定ページ一覧でスラッグを表示させる方法

WordPressに管理画面固定ページ一覧でスラッグを表示させる方法は以下をfunctions.phpに記述する。

function add_page_columns_name($columns) {
 $columns['slug'] = "スラッグ";
 return $columns;
}
function add_page_column($column_name, $post_id) {
 if( $column_name == 'slug' ) {
 $post = get_post($post_id);
 $slug = $post->post_name;
 echo attribute_escape($slug);
 }
}
add_filter( 'manage_pages_columns', 'add_page_columns_name');
add_action( 'manage_pages_custom_column', 'add_page_column', 10, 2);

Jqueryを使ったタブ

Jqueryをつかったタブは下記の様にする
参考:http://5am.jp/jquery/jquery_ui_tabs/

<head>
<!-- jQuery -->
	<script type="text/javascript" src="/jquery-1.####.min.js"></script>

<!-- ui tabs.js -->
	<script type="text/javascript" src="/ui.core.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="/ui.tabs.js"></script>
	<link href="/ui.tabs.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

<script type="text/javascript">
	$(function() {
		$('#ui-tab > ul').tabs({ fx: { opacity: 'toggle', duration: 'normal'  } });
	});
</script>

</head>
<div id="ui-tab">
	<ul>
		<li><a href="#fragment-1"><span>タブ1</span></a></li>
		<li><a href="#fragment-2"><span>タブ2</span></a></li>
		<li><a href="#fragment-3"><span>タブ3</span></a></li>
	</ul>
	
	<div id="fragment-1">
		<p>タブ1の内容</p>
	</div>
	
	<div id="fragment-2">
		<p>タブ2の内容</p>
	</div>
	
	<div id="fragment-3">
		<p>タブ3の内容</p>
	</div>

</div>

single.phpでthe_content()が表示されない解決法

オリジナルテーマを作成時に single.php で the_content() が反映されない。
は表示されるのに、が表示されないのです。

その時は、the_content()のかわりに

<?php
$this_content= wpautop($post->post_content);
echo $this_content;
?>

と記載

wordpressでAJAXで次ページを読み込む「jQuery.autopager」

まずは、jQuery.autopagerをダウンロード。

基本的には

<script type="text/JavaScript">
$(function(){
	$.autopager({
		content	: '.content',	// ロードしたいコンテンツ部分のセレクタ 
		link	: '#next'	// 次ページへのリンクのセレクタ
	});
});
</script>

ボタンで読み込むには

<script type="text/JavaScript">
$(function(){
	$.autopager({
		content	: '.content',	// ロードしたいコンテンツ部分のセレクタ 
		link	: '#next',	// 次ページへのリンクのセレクタ
		autoLoad: false,	// スクロールで自動読込みするどうか
		load	: function(){	// 読み込み完了後に発生するイベント
			// "this"は読み込んだコンテンツ要素を指す
			$(this).before('<hr/>'); // 左記は例(読み込んだヤツの前に区切り線を追加))
		}
	});
	$('#next').click(function(){	// 次ページへのリンクボタンが押されたら
		$.autopager('load');	// loadしやがれぃ!
		return false;
	});
});
</script>

さらに、最後読み込んだ後ボタンを消すにはload部分を下記に変える

load: function(current, next){
if( current.page >= max_num_pages; ?> ){
$(‘#next’).hide();
}
}

SNSの設置方法まとめ

SNSの設置方法まとめは以下を参考
https://syncer.jp/how-to-setting-share-button

WordPressのシングルページで前後の記事のリンクを表示方法

WordPressのシングルページで前後の記事のリンクを表示方法は以下

    <div class="pagination_box">
      <ul>
<?php $nextpost = get_adjacent_post(false, '', false); if ($nextpost) : ?>
        <li class="fL"><a href="<?php echo get_permalink($nextpost->ID); ?>"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/prev_btn.png" alt="prev"></a></li>
<?php else: ?>
        <li class="fL"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/prev_btn_none.png" alt="prev"></li>
<?php endif; ?>
        <li class="fL"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/pagination_separator.png" alt="separator"></li>
<?php $prevpost = get_adjacent_post(false, '', true); if ($prevpost) : ?>
        <li class="fL"><a href="<?php echo get_permalink($prevpost->ID); ?>"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/next_btn.png" alt="prev"></a></li>
<?php endif; ?>
      </ul>
      <p><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>radio/">VIEW ALL</a></p>
    </div>

Advanced Custom Fieldsで他のページのフィールドを値に格納する方法

Advanced Custom Fieldsで他のページのフィールドを値に格納する方法は以下

$food01image = get_field('food01image', 22, true);

マウスオーバー時に透過するCSS

a img:hover {
	filter: alpha(opacity=70);
	-moz-opacity:0.70;
	opacity:0.70;
 	}


a .nonHover:hover {
	filter: alpha(opacity=100);
	-moz-opacity:1.00;
	opacity:1.00;
 	}

IEでinputに背景で画像を表示させるとき

IEでinputに背景で画像を表示させるとき、

text-indent: -9999px

と指定すると、IEの7や8で画像がどこかへいってします。
その際は、

display: block;
border-width: 0px;

を指定すると良い。

背景画像の大きさを設定するCSS

背景画像の大きさを設定するCSSは、各ブラウザの事を考え、下記の様に設定する。

	background-size: 42px 15px;
	-webkit-background-size: 42px 15px;
	-moz-background-size: 42px 15px;
	-o-background-size: 42px 15px;
	-ms-background-size: 42px 15px;

jquery で要素をカウント

<!-- エラー重複処理 -->
<script type="text/javascript">
// <![CDATA[
//郵便番号
$(function(){
	//"div.categoryの要素毎に処理する
	$(".errorZip").each(function () {
	//"div.categoryの要素内のliの数をカウント
		var num = $(this).find('p').length;
		//alert (num);
	//"div.category内のul.catlist liが0件だったら
		if(num >= 2){
		$('.errorZip00').css('display','block');
		$('.errorZip01').css('display','none');
		$('.errorZip02').css('display','none');
		}
	});

});
// ]]>
</script>

WordPress の自動アップデートを止める方法

WordPress の自動アップデートを止めるには、config.phpに下記を追記する。

/** 自動アップデートの無効 */
define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

CSSで最低の高さを実現する。

/*————————————————
500pxの最低の高さ
————————————————-*/
#hoge {
min-height:500px;
height:auto !important;
height:500px;
}

WordPressでスマホやタブレットなどに応じてテーマが切り替えられるプラグインMulti Device Switcher

WordPressでスマホやタブレットなどに応じてテーマが切り替えられるプラグインMulti Device Switcher
Multi Device Switcher

WordPressでカスタムフィールにショートコード使用する方法

WordPressでカスタムフィールにショートコード使用するには、
以下のタグを使用する。

<?php
echo apply_filters('the_content', get_post_meta($post->ID, 'foo', true));
?>

wordpressでテーマファイルのphpファイルをインクルードする方法

テンプレートパートファイルをインクルードする場合に、

<?php include (TEMPLATEPATH . '/mydirectory/template.php') ?>

と記述する事も出来る

<?php get_template_part('mydirectory/template'); ?>

と記述する事も出来ます

<?php locate_template( 'mydirectory/template.php', true,true ); ?>

と記述する事も出来ます

robots.txtで検索エンジンを拒否する方法

User-agent: *
Disallow: /

smartyのコメントアウト

smartyのコメントアウトする際は、
を使うとうまく反映されない場合があるので、

<!--{if false}-->
テストテストテストテストテスト
<!--{/if}-->

とすると良い。

商品一覧ブロックを作成する

1.html/frontparts/bloc/product_list.php を新規作成

<?php

// {{{ requires
require_once(CLASS_EX_REALDIR . "page_extends/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex.php");

// }}}
// {{{ generate page

$objPage = new LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex();
register_shutdown_function(array($objPage, "destroy"));
$objPage->init();
$objPage->process();

?>

2.data/class_extends/page_extends/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex.php を新規作成

<?php

// {{{ requires
require_once(CLASS_REALDIR . "pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List.php");

/**
 * product_List のページクラス(拡張).
 *
 * LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List をカスタマイズする場合はこのクラスを編集する.
 *
 */
class LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex extends LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List {

    // }}}
    // {{{ functions

    /**
     * Page を初期化する.
     *
     * @return void
     */
    function init() {
        parent::init();
    }

    /**
     * Page のプロセス.
     *
     * @return void
     */
    function process() {
        parent::process();
    }

    /**
     * デストラクタ.
     *
     * @return void
     */
    function destroy() {
        parent::destroy();
    }
}

?>

3.data/class/pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List.php を新規作成

<?php

// {{{ requires
require_once CLASS_REALDIR . 'pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc.php';

/**
 * Product_List のページクラス.
 *
 * @package Page
 */
class LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List extends LC_Page_FrontParts_Bloc {

    // }}}
    // {{{ functions

    /**
     * Page を初期化する.
     *
     * @return void
     */
    function init() {
        parent::init();
        $bloc_file = 'product_list.tpl';
        $this->setTplMainpage($bloc_file);
    }

    /**
     * Page のプロセス.
     *
     * @return void
     */
    function process() {
        if (defined("MOBILE_SITE") && MOBILE_SITE) {
            $objView = new SC_MobileView();
        } else {
            $objView = new SC_SiteView();
        }

        $objQuery = new SC_Query_Ex();
        $objProduct = new SC_Product_Ex();

        //$objQuery->setLimitOffset(10);
        //$objQuery->setOrder("update_date desc");
        $this->arrProducts = $objProduct->lists(&$objQuery);

        $objView->assignobj($this);
        $objView->display($this->tpl_mainpage);
    }

    /**
     * デストラクタ.
     *
     * @return void
     */
    function destroy() {
        parent::destroy();
    }
}

?>

$this->arrProducts を定義するところの上にコメントアウトされた行がありますが、
その1行目は「10件のみ取り出す」、2行目は「update_date(更新日時)の降順に並べる」という意味です。
コメント記号を削除すれば、「更新があった商品リスト(最新10件)」にもなりそうです。

4.data/Smarty/templates/default/frontparts/bloc/product_list.tpl を新規作成

<style type="text/css">
div#productlist_area h2 {
    background-color:#de5e17;
    text-align:center;
    color:#fff;
    padding:7px 0 7px 0;
}
div#productlist_area div.productImage {
    float:left;
    width:40px;
    padding:0 8px 0 0;
}
div#productlist_area div.productContents {
    float:left;
    width:100px;
}
div#productlist_area div.product_item {
    padding:5px 0 5px 5px;
}
</style>

<!--{if count($arrProducts) > 0}-->
    <div class="bloc_outer clearfix">
        <div id="productlist_area">
            <h2>商品一覧リスト</h2>
            <div class="bloc_body clearfix">
                <!--{foreach from=$arrProducts item=arrProduct}-->
                    <div class="product_item clearfix">
                        <div class="productImage">
                            <a href="<!--{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}--><!--{$arrProduct.product_id|u}-->"><img src="<!--{$smarty.const.ROOT_URLPATH}-->resize_image.php?image=<!--{$arrProduct.main_list_image|sfNoImageMainList|h}-->&width=40&height=40" alt="<!--{$arrProduct.name|h}-->" /></a>
                        </div>
                        <div class="productContents">
                            <h3>
                                <a href="<!--{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}--><!--{$arrProduct.product_id|u}-->"><!--{$arrProduct.name|h}--></a>
                            </h3>
                            <p class="sale_price">
                                <span class="price"><!--{$arrProduct.price02_min|sfCalcIncTax:$arrInfo.tax:$arrInfo.tax_rule|number_format}--> 円</span>
                            </p>
                        </div>
                    </div>
                </dl>
                <div class="clear"></div>
                <!--{/foreach}-->
            </div>
        </div>
    </div>
<!--{/if}-->

5.データベースに新規ブロック情報を登録
insert into dtb_bloc values(10,10,’product_list’,’product_list.tpl’,’product_list’,now(),now(),’frontparts/bloc/product_list.php’,0);

6.特定のカテゴリだけ表示する場合・・・
3.data/class/pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List.php を新規作成
箇所を下記とする

<?php

// {{{ requires
require_once CLASS_REALDIR . 'pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc.php';

/**
 * Product_List のページクラス.
 *
 * @package Page
 */
class LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List extends LC_Page_FrontParts_Bloc {

    // }}}
    // {{{ functions

    /**
     * Page を初期化する.
     *
     * @return void
     */
    function init() {
        parent::init();
        $bloc_file = 'product_list.tpl';
        $this->setTplMainpage($bloc_file);
    }

    /**
     * Page のプロセス.
     *
     * @return void
     */
    function process() {
        if (defined("MOBILE_SITE") && MOBILE_SITE) {
            $objView = new SC_MobileView();
        } else {
            $objView = new SC_SiteView();
        }

        $objQuery = new SC_Query_Ex();

        // 商品一覧を取得
        $col = 'T1.product_id, T1.main_list_image, T1.name, T2.price02 AS price02_min';
        $from = 'dtb_products as T1 INNER JOIN dtb_products_class as T2 ON T1.product_id = T2.product_id';
        $from .= ' INNER JOIN dtb_product_categories as T3 ON T1.product_id = T3.product_id';
        $where = 'T2.del_flg = 0 and T3.category_id IN ( ? , ? )';  // $arrval で指定するカテゴリIDの数だけ ? を増やす
        $arrval = Array( 4 , 6 );   // 一番下層のカテゴリIDを指定する
        //$objQuery->setOrder("T1.update_date desc");
        $arrProducts = $objQuery->select($col, $from, $where, $arrval);

        // 重複データ削除
        $tmp = Array();
        $i = 0;
        $max_count = 10;    // 取得したい商品個数を指定する
        foreach($arrProducts as $arrProduct){
            if(!in_array($arrProduct['product_id'], $tmp)){
                $this->arrProducts[$i] = $arrProduct;
                $i++;
            }
            $tmp[] = $arrProduct['product_id'];
            if($i >= $max_count){
                break;
            }
        }

        $objView->assignobj($this);
        $objView->display($this->tpl_mainpage);
    }

    /**
     * デストラクタ.
     *
     * @return void
     */
    function destroy() {
        parent::destroy();
    }
}

?>

wordpressのカスタム投稿のfeed URLを取得

カスタム投稿タイプのスラッグが「blog」の場合。
http://WordPressのサイトアドレス/feed?post_type=blog

固定ページの最上位のスラッグを取得する方法

function.phpに下記を記述

//bodyクラスに最上位のスラッグを表示
function ps_get_root_page( $cur_post, $cnt = 0 ) {
	if ( $cnt > 100 ) { return false; }
	$cnt++;
	if ( $cur_post->post_parent == 0 ) {
		$root_page = $cur_post;
	} else {
		$root_page = ps_get_root_page( get_post( $cur_post->post_parent ), $cnt );
	}
	return $root_page;
}

取得したいテンプレートファイルに下記を記述

$root_slug = ps_get_root_page( $post );
$root_slug = $root_slug->post_name;
echo $root_slug;

WordPressのテンプレートファイル内に、他のテンプレートphpファイルを呼び出す

<?php include( TEMPLATEPATH . '/sample.php' ); ?>

記事・固定ページ内の任意の位置でPHPファイルをインクルード(挿入/実行)する方法

/wp-content/themes/使用中のテーマ名/functions.php の最後に以下を挿入。

function Include_my_php($params = array()) {
    extract(shortcode_atts(array(
        'file' => 'default'
    ), $params));
    ob_start();
    include(get_theme_root() . '/' . get_template() . "/$file.php");
    return ob_get_clean();
} 

add_shortcode('myphp', 'Include_my_php');

読み込みたいphpファイルを作成し、同フォルダにアップする。

記事内に以下を記述(ファイル名がexample.phpの場合)

[myphp file='example']

cssで背景の大きさをスマホなども含め、各ブラウザに対応する方法

cssで背景の大きさをスマホなども含め、各ブラウザに対応する方法は以下。

	background-size: 37px 22px;
	-webkit-background-size: 37px 22px;
	-moz-background-size: 37px 22px;
	-o-background-size: 37px 22px;
	-ms-background-size: 37px 22px;

WordPressの投稿でサイトURLとテーマフォルダのパスをショートコードで取得する方法

サイトURLを取得するショートコードを作成

function shortcode_url() {
    return get_bloginfo('url');
}
add_shortcode('url', 'shortcode_url');

/* 投稿内で [url] と記述する */

投稿内でショートコードを記述するれば、blobinfo(‘url’)の値と置き換えられるようになります。

テーマフォルダのパスを取得するショートコードを作成

function shortcode_templateurl() {
    return get_bloginfo('template_url');
}
add_shortcode('template_url', 'shortcode_templateurl');

/* 投稿内で [template_url] と記述する */

こちらも同じく、投稿内でショートコードを記述すれば、blobinfo(‘template_url’)の値と置き換えられるようになります。

CSSでボックスの内容物を上下中央揃えにする方法。

.sample {
	display: table-cell;
	vertical-align: middle;
}

/* IE 7 */
*:first-child+html .sample {
	display: inline;
	zoom: 1;
}
 
/*\*//*/
* html .sample {
	display: inline-block;
}
/**/

jQueryでテキストの初期値をフォーカス時に消す方法

jQueryでテキストの初期値をフォーカス時に消すには、
下記タグで実現できる

<ul>
	<li><input type="text" value="ユーザー名" /></li>
	<li><input type="text" value="メールアドレス" /></li>
</ul>
input {
	color: #ccc;
}
input .textFocus {
	color: #333333 !important;
}
jQuery(document).ready(function(){

//  textBox は テキストボックス全てを指定。
var textBox = jQuery("input:text");

//  条件は テキストボックスにフォーカスされたら。
textBox.focus(function(){
	//  class名 "textFocus" を追加。(文字色を濃くする)
	jQuery(this).addClass("textFocus");
	
	//  if条件は HTMLで設定した初期値(value)のままかどうか
	if(this.value == this.defaultValue){
		//  trueなら テキストボックスを 空 にする
		jQuery(this).val('');
	}
//  逆に テキストボックスからフォーカスが失われたとき。
}).blur(function(){

	//  if条件は テキストボックスの数値が 空(0文字)のとき
	if(jQuery(this).val() == ''){
		//  テキストボックスの中身を 元の初期値(value)にする
		//  classも外す(文字色を元の薄い色に戻す)
		jQuery(this).val(this.defaultValue).removeClass("textFocus");
	}
});
	
});

WordPressで特定のカテゴリーの最新記事を表示

WordPressで特定のカテゴリーの最新記事を表示するタグは以下の通り

<?php
query_posts('showposts=1&cat=13');
while(have_posts()) : the_post();
?>
<div><a href="<?php the_permalink() ?>" rel="bookmark"><?php the_title(); ?></a></div>
<div><?php the_content(); ?></div>
<?php endwhile; ?>

WordPressでカテゴリー一覧を表示する

WordPressでカテゴリー一覧を表示するには、下記の様に記述する。

<ul>
	<?php
	$cat_all = get_terms( "category", "fields=all&get=all&exclude_tree=12&exclude=11" );
	foreach($cat_all as $value):
	 ?>
	<li><a href="<?php echo get_category_link($value->term_id); ?>"><?php echo $value->name;?>(<?php echo $value->count;?>)</a></li>
	<?php endforeach; ?>
</ul>

echo $value->name; //カテゴリ名を出力
echo $value->term_id; //カテゴリIDを出力
echo $value->slug; //カテゴリスラッグを出力
echo $value->count; //カテゴリの投稿数を出力

その他にも、
fields=all&get=all&exclude_tree=12&exclude=11
の部分を変更する事で、取得するカテゴリーを指定することもできる。

詳細はこちら。
http://elearn.jp/wpman/function/get_terms.html

WordPressのカスタムフィールドを改行ありで表示

WordPressのカスタムフィールドを改行ありで表示するサンプルタグは以下の通り。

$sample = post_custom('カスタムフィールド');
echo nl2br($sample);

WordPressのカスタムフィールドで値を判定して表示

WordPressのカスタムフィールドで値を判定して表示するタグは以下の通り

$sample = post_custom('カスタムフィールド');
if ( $sample )  {
	echo $sample;
} else {
	//値が入っていません
}

WordPressの投稿一覧画面にカスタムフィールドの値を表示

WordPressの投稿一覧画面にカスタムフィールドの値を表示する方法

ひとつ追加する場合は、
下記コードをfunction.phpに追加する

/**
 * 投稿一覧に商品コード列追加
 */

function manage_posts_columns($columns) {
	$columns['Goods'] = "商品コード";
	return $columns;
}
function add_column($column_name, $post_id) {
	if( $column_name == 'Goods' ) {
		$stitle = get_post_meta($post_id, 'Goods', true);
	}
	if ( isset($stitle) && $stitle ) {
		echo attribute_escape($stitle);
	} else {
		echo __('None');
	}
}
add_filter( 'manage_posts_columns', 'manage_posts_columns' );
add_action( 'manage_posts_custom_column', 'add_column', 10, 2 );

2つ表示させる場合は、以下のコードを追加。

/**
 * 投稿一覧に商品コード列追加
 */

function manage_posts_columns($columns) {
	$columns['Goods'] = "商品コード";
	$columns['Area'] = "産地";
	return $columns;
}
function add_column($column_name, $post_id) {
	if( $column_name == 'Goods' ) {
		$stitle = get_post_meta($post_id, 'Goods', true);
	}
	if( $column_name == 'Area' ) {
		$stitle = get_post_meta($post_id, 'Area', true);
	}
	if ( isset($stitle) && $stitle ) {
		echo attribute_escape($stitle);
	} else {
		echo __('None');
	}
}
add_filter( 'manage_posts_columns', 'manage_posts_columns' );
add_action( 'manage_posts_custom_column', 'add_column', 10, 2 );

WordPressの基本タグまとめ

カテゴリーページへ使う記事へのリンクタグ

<?php the_permalink(); ?>
/*example*/
<a href="<?php the_permalink(); ?>">テキストテキスト</a>

カスタムフィールドを改行ありで表示

<?php echo nl2br(post_custom('wpcf-work_time')); ?>

WordPressで投稿ページや固定ページでコメントアウトする方法

WordPressでコメントアウトタグを挿入すると、
終わりのタグがおかしくなってしまい、
うまくできない。

そのため、以下の様な方法にて回避すると便利。

まずは、function.phpに下記コードを追記。

//コメントアウトのショートコード
function overrule_shortcode( $atts, $content = null ) {
return null;
}
add_shortcode('overrule', 'overrule_shortcode');

その後、以下コードでページ内の隠したいところを囲えば良い。

[overrule]テキストテキスト・・・・・。[/overrule]

WordPressにCSVでインポート(アップロード)できるプラグインReally Simple CSV Importer

WordPressにCSVでインポート(アップロード)したいときは、プラグインReally Simple CSV Importerを使えばいい。
使い方は、下記サイトにうまくまとめられています。
http://liginc.co.jp/web/wp/plug-in/58046

CSVでアップロードした際、
なぜか日本語の部分がうまくアップされない時がある。
それは文字コードがUTF-8ではないかららしい、。
※Shift-JISなどではエラーがでる。

なので、エクセルで編集する際は、エクセルで一度CSVで保存したあと、
テキストエディターなどで文字コードをUTF-8にして保存しなおすとよい。

MW WP Form WordPressの確認画面付きフォーム

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/plugins/mw-wp-form/

使い方はこちらによくまとめられている
http://webdesignerwork.jp/wordpress/mw-wp-form/

WordPressで全記事数を表示

WordPressで全記事数を表示するには、
下記タグをテンプレートファイルに書き込めばいい。

<?php $numposts = $wpdb->get_var("SELECT count(*) FROM $wpdb->posts WHERE post_status = 'publish' AND post_type = 'post'");
if (0 < $numposts)
$numposts = number_format($numposts);
echo $numposts.' 商品販売中です。';
?>

カスタムフィールドやカスタム投稿・タクソノミーが簡単に設定できるWordPressのプラグインTypes

ダウンロードはこちら。
http://wp-types.com/home/types-manage-post-types-taxonomy-and-custom-fields/

設定方法は下記ページで詳しく解説してあります。
http://www.imaginationdesign.jp/blog/wordpress/2278/

表示する際は、以下のコードで表示できる。

<?php echo post_custom('wpcf-work_year'); ?>

Filezillaで一部の拡張子のみをパーミッションを一括で変える方法

Filezillaには、一部の拡張子の種類のみ、
一括でパーミッションを変える方法がありません。

しかし、フィルターを作った上で変更する方法はあります。

1.フィルターを作る

ます、Filezillaヘッダアイコンメニューの中から、
フィルタダイアログを開きます。

次に左下の『フィルタルールを編集』ボタンをクリック。

『新規作成』をクリックし、任意のフィルタ名を入力して『OK』をクリック。

右の入力部分に、『ファイル名』、『部分一致』、『.php』と入力し、『OK』をクリック。
※これは、PHPファイルのみをフィルターで出したい時の例

2.フィルターを適用

右の枠から作成したフィルターにチェックを入れ、
『OK』をクリックします。

すると、フィルターが適用され、PHPのファイルのみが表示された状態になります。
そこで、トップディレクトリーを右クリックし、
パーミッションウィンドウを開きます。

あとは、パーミッションを入力し、サブディレクトリの適用の有無、ディレクトリへの適用の有無などを指定し、『OK』をクリック。

wordpressのAdvanced Custom Fieldsでフィールドの値を取得して出力するテンプレート。

【基本的な方法】

Advanced Custom Fields

フィールドの値を取得して表示するには、「the_field()」を使います。

post_customなどのタグを使うと、プレビューなどが反映されないため、
Advanced Custom Fields特有のタグを使う必要がある。

the_field('field_name_01');

フィールドの値を取得して変数に代入して使う場合などは、「get_field()」を使います。

$hoge = get_field('field_name_01');

【フィールドタイプ:テキスト】

取得したフィールド(フィールド名:field_name_01)に何か入力されていたら、値を表示する場合の例。

$text = get_field('field_name_01');
if ( $text )  {
    echo $text;
}

【フィールドタイプ:テキストエリア】

改行で区切られたデータが入っているフィールド(フィールド名:field_name_01)の値を取得し、リスト形式に成形して表示する場合の例。

$fieldData = explode("\n",get_post_meta($post->ID,'field_name_01',true) );
$i = 0;
echo "<ul>";
foreach ($fieldData as $value){
    if ( $value ){
        echo '<li>' . $value . '</li>';
    }
    $i++;
echo "</ul>";
}

【フィールドタイプ:数値】
取得したフィールド(フィールド名:field_name_01)の値を、千位毎の区切り及び小数点以下第一位まで表示させる場合の例。

echo number_format( get_post_meta($post->ID,'field_name_01',true) , 1 );

【フィールドタイプ:Wysiwyg エディタ】

取得したフィールド(フィールド名:field_name_01)の値に画像にリンクを貼っている箇所が存在したら、aタグに「rel=”lightbox”」を付加する場合の例。

$pattern = "/<a(.*?)href=('|\")(.*?).(bmp|gif|jpeg|jpg|png)('|\")(.*?)>/i";
$replacement = '<a$1href=$2$3.$4$5 rel="lightbox"$6>';

$dataText = get_field("field_name_01", $post->ID);
$dataText = preg_replace ( $pattern , $replacement , $dataText);

echo $dataText;

【フィールドタイプ:画像】

取得したフィールド(フィールド名:field_name_01)の画像をlargeサイズで表示する場合の例。(lightboxを使う前提で、aタグには「rel=”lightbox”」をつけています。)

※ フィールド名「field_name_01」を定義する時に、「返り値」は「画像 ID」を指定しておいてください。

<?php
    $attachment_id = get_field('field_name_01');
    $size = "large"; // (thumbnail, medium, large, full or custom size)
    $image = wp_get_attachment_image_src( $attachment_id, $size );
    $attachment = get_post( get_field('field_name_01') );
    $alt = get_post_meta($attachment->ID, '_wp_attachment_image_alt', true);
    $image_title = $attachment->post_title;
?>

<a href="<?php echo wp_get_attachment_url( get_field( 'field_name_01',$post->ID) ); ?>" rel="lightbox"><img src="<?php echo $image[0]; ?>" width="<?php echo $image[1]; ?>" height="<?php echo $image[2]; ?>" alt="<?php echo $alt; ?>" title="<?php echo $image_title; ?>" /></a>

【フィールドタイプ:画像IDを取得して表示】

//画像IDの取得
$image_id = post_custom('[画像アップロードのカスタムフィールド名]');
//画像IDから画像を表示 $sizeに表示サイズを設定(デフォルトは'thumbnail')
echo wp_get_attachment_image($image_id, $size); 

【フィールドの値をチェックして表示】

$text = get_field('my_custom_01');
if($text) :
echo $text;
endif;

WordPressの不要なリンクを削除する

テーマファイルの「function.php」を使うのが最も手軽でしょう。以下の記述を追記すればOKです。

if (function_exists(‘register_sidebar’))
register_sidebar();
remove_action(‘wp_head’,'index_rel_link’);
remove_action(‘wp_head’,'parent_post_rel_link’,10);
remove_action(‘wp_head’,'start_post_rel_link’,10);
remove_action(‘wp_head’,'adjacent_posts_rel_link_wp_head’,10);

WordPressのフィードを削除する

functions.php の

add_theme_support( 'automatic-feed-links' );

を削除し

remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3);

を追加する。

その後 header.php に

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="<?php bloginfo('rss2_url'); ?>" />

を追加する。

wp_list_categories()が出力するHTMLを変更したい。

従来のカテゴリーの場合

<?php
	$categories = get_categories('parent=0&hide_empty=0&orderby=id');
	if (is_array($categories)) {
		foreach($categories as $category):
			$v_cat_id = $category->cat_ID;
			$v_cat_Parent_title = $category->cat_name;
			$v_cat_Parent_t_a = wp_specialchars($v_cat_Parent_title);
			$v_cat_Parent_t_u = attribute_escape($v_cat_Parent_title);
			$v_cat_Parent_url = get_category_link($v_cat_id);
			$v_cat_child_list = wp_list_categories("orderby=id&hide_empty=0&title_li=&use_desc_for_title=0&child_of=$v_cat_id&depth=1&echo=0");
			echo "<h2><a href=\"$v_cat_Parent_url\" title=\"$v_cat_Parent_t_u\">$v_cat_Parent_t_a</a></h2>\n";
			if ( strpos($v_cat_child_list, __('No categories')) === false) {
				echo "<ul>\n$v_cat_child_list\n</ul>\n";
			}
		endforeach;
	}
?>

タクソノミーの場合
※コードはかなり汚い。

//	$categories = get_categories('parent=0&hide_empty=0&orderby=id');
//	$categories = get_terms( 'category' , 'parent=0&hide_empty=0&orderby=id');
//echo '<br /><br /><br /><br /><br />';
$get_terms_args_id = $taxonomy_id->term_id;
echo $get_terms_args_id;
$get_terms_args = 'parent=' . $get_terms_args_id . '&hide_empty=0&orderby=id';
//$get_terms_args = 'parent=128&hide_empty=0&orderby=id';
	$categories = get_terms( 'goods-cate' , $get_terms_args);
	$count = count($categories);
if ( $count > 0 ) {
	if (is_array($categories)) {
echo '<ul class="goodsTabs clear">';
		foreach($categories as $category):
//echo '<br /><br />';
			$v_cat_id = $category->term_id;
//echo $v_cat_id . '<br />';
			$v_cat_Parent_title = $category->name;
//echo $v_cat_Parent_title . '<br />';
			$v_cat_Parent_t_a = wp_specialchars($v_cat_Parent_title);
//echo $v_cat_Parent_t_a . '<br />';
			$v_cat_Parent_t_u = attribute_escape($v_cat_Parent_title);
//echo $v_cat_Parent_t_u . '<br />';
//			$v_cat_Parent_url = get_category_link($v_cat_id);
			$v_cat_Parent_slug = $category->slug;
//			$v_cat_Parent_url = get_term_link($v_cat_Parent_slug , 'category' );
//echo $v_cat_Parent_url . '<br />';
			$homeurl = home_url();
			$v_cat_child_list = wp_list_categories('orderby=id&hide_empty=0&title_li=&use_desc_for_title=0&child_of=' . $v_cat_id . '&depth=1&echo=0');
			echo '<li><a href="' .$homeurl . '/goods-cate/' .$v_cat_Parent_slug . '/">' . $v_cat_Parent_title . '</a></li>';
			if ( strpos($v_cat_child_list, __('No categories')) === false) {
//				echo "<ul>\n$v_cat_child_list\n</ul>\n";
			}
		endforeach;
echo '</ul>';
	}
}

WordPressでカスタム投稿もタクソノミーなどで絞り込みが出来る様にする。

WordPressでカスタム投稿もタクソノミーなどで絞り込みが出来る様にするには、
function.phpに下記タグを表記する。

// カスタムタクソノミーでフィルター (絞り込み機能)
add_action( 'restrict_manage_posts', 'add_post_taxonomy_restrict_filter' ); 
function add_post_taxonomy_restrict_filter() { 
    global $post_type; 
    if ( '●投稿タイプ英語●' == $post_type ) { 
        ?> 
        <select name="●タクソノミー英語●"> 
            <option value="">カテゴリー指定なし</option> 
            <?php 
            $terms = get_terms('●タクソノミー英語●'); 
            foreach ($terms as $term) { ?> 
                <option value="<?php echo $term->slug; ?>"><?php echo $term->name; ?></option> 
            <?php } ?> 
        </select> 
        <?php 
    } 
} 

WordPressで、カスタム分類ごとにカスタム投稿を表示する方法

WordPressで、カスタム分類ごとにカスタム投稿を表示する際のサンプルコード。
<?php
    $taxonomys = get_terms( "ここにtaxonomyを入力","orderby=slug&order=DESC&parent=ここに親カテゴリを指定する場合は入力");//"frontiercat"からタームを取り出す。数字が小さいものから大きいものの順に取り出す
    foreach($taxonomys as $value)://繰り返しその一つを$valueに代入
 ?>
<div id="<?php echo $value->slug; ?>" class="area">カテゴリ名:<?php echo $value->name;?> スラッグ名:<?php echo $value->slug; ?></div>
<?php query_posts( array( 'menu-cate' => $value->slug, 'order'=>'DESC' ) ); //記事を読み込む ?>
<?php if(have_posts()):
while(have_posts()): the_post(); ?>
<h1>タイトル<?php the_title(); ?></h1>
<p>抜粋:<?php the_excerpt(); ?></p>
<p>カスタムフィールド:<?php echo post_custom('menu-price'); ?></p>
<p>本文<?php the_content(); ?></p>

<?php endwhile; endif; ?>
 </dl>

<?php endforeach; ?>

jQueryでプラグインなしでモーダルウィンドウを実装

表示するコンテンツを増やす場合にはコピー&ペーストでwd2,wd3…と任意の数にしてください。
■jQuery

$(function(){
	$('.btns').click(function(){
		wn = '.' + $(this).attr('data-tgt');
		var mW = $(wn).find('.modalBody').innerWidth() / 2;
		var mH = $(wn).find('.modalBody').innerHeight() / 2;
		$(wn).find('.modalBody').css({'margin-left':-mW,'margin-top':-mH});
		$(wn).fadeIn(500);
	});
	$('.close,.modalBK').click(function(){
		$(wn).fadeOut(500);
	});
});

■HTML

<div class="modal wd1">
	<div class="modalBody">
		<p class="close">×close</p>
		<p>…..</p>
	</div>
	<div class="modalBK"></div>
</div>

<div class="modal wd2">
	<div class="modalBody">
		<p class="close">×close</p>
		<p>…..</p>
	</div>
	<div class="modalBK"></div>
</div>
<div class="modal wd3">
	<div class="modalBody">
		<p class="close">×close</p>
		<p>…..</p>
	</div>
	<div class="modalBK"></div>
</div>
<p data-tgt="wd1" class="btns">1</p>
<p data-tgt="wd2" class="btns">2</p>
<p data-tgt="wd3" class="btns">3</p>

■css

.modal{display:none;}
.modalBody{position: fixed; z-index:1000; background: #000; width:690px; left:50%; top:50%; height: 400px}
.modalBK{position: fixed; z-index:999; height:100%; width:100%;background:#000; opacity: 0.9;filter: alpha(opacity=90);-moz-opacity:0.90;}
.btns{font-size: 80px; width:150px; background:#111; height: 150px; line-height:150px; text-align:center; font-family: arial; color: #fff; float: left; margin:10px; cursor: pointer}
.close{cursor: pointer;}
.modal{width:690px; color: #eee;}
.modal p{font-size:12px; text-align:justify;}
.modal h1{font-weight:bold; font-size: 30px;}
.modalBody{padding: 10px;}

引用:http://zxcvbnmnbvcxz.com/jquery-easy-modalwindow/

Excel 2007 でパスワードをかける方法

左上のWindowsマークをクリック、
その後〔配置準備〕>〔ドキュメントの暗号化〕をクリック。
ここにパスワードを入力して完了。

しかし、パスワードを入力できない場合があるので、
その際は、コピー&ペーストで対応する。

なぜこうなるのでしょう・・。

Handbrakeの設定

『Video』で『Framerate』を29.97にする。
※音がずれる(音ズレ)を防ぐため

上記でだめだったら、
『Video』で『Video Codec』を『MPEG-4』、『Framerate』を29.97にする。

『Quality』を『30』にする。
※容量を少しでも少なくするため。
※『MPEG-4』の場合は『20』
※Nexus 7での画質

【バージョン 0.9.4 の場合】

Video Codec:H.264
Framerate:Same as sourse
Constant Quality:35

EC-Cubeトップページのtitleを修正する方法

data/Smarty/templates/default/site_frame.tplの
title内を

<title>
<!--{assign var=top value="`$smarty.const.ROOT_URLPATH`index.php"}-->
<!--{if $smarty.server.PHP_SELF==$top}-->
ここにトップページのタイトルを入れる
<!--{else}-->
<!--{$arrSiteInfo.shop_name|h}--><!--{if $tpl_subtitle|strlen >= 1}--> / <!--{$tpl_subtitle|h}--><!--{elseif $tpl_title|strlen >= 1}--> / <!--{$tpl_title|h}--><!--{/if}-->
<!--{/if}-->
</title>

に修正する。

jQuery でスムーズなページ内リンク

jQuery でスムーズなページ内リンクは、
jqueryを読み込んだ上、
下記javascriptを記述

<script type="text/javascript">
$(function(){
	$('a[href^=#]').click(function(){
		var speed = 500;
		var href= $(this).attr("href");
		var target = $(href == "#" || href == "" ? 'html' : href);
		var position = target.offset().top;
		var body = 'body';
		if (navigator.userAgent.match(/MSIE/)){
			body = 'html';
		}
		$(body).animate({scrollTop:position}, speed, 'swing');
		return false;
	});
});
</script>

jqueryでアコーディオン

下記がとても参考になる
参考ページ

■html部分

<div>
    <h3 class="accordion_head">アコーディオンのトリガー部分</h3>
    <p>アコーディオンする部分。</p>
</div>

■スクリプト部分

<script type="text/javascript" src="jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
$(document).ready(function(){
    $('.accordion_head').click(function() {
        $(this).next().slideToggle();
    }).next().hide();
});
</script>

■詳細
まずページを表示させるとscript部分6行目の.next().hide();が実行されます。
「トリガー(.accordion_head)の次の要素(next)を隠す(hide)」という命令ですね。
これでアコーディオンしたい部分が隠されて表示されるわけです。

次にトリガークリックで実行される部分。5行目の$(this).next().slideToggle();
このとき$(this)にはクリックしたトリガーが入っています。
「トリガー(.accordion_head)の次の要素(next)をスライド(slideToggle)する」ってことですね。
こう書いておくことで同じページに何個もアコーディオンがあっても、クリックしたトリガーだけ実行されます。
slideToggleなのでクリックで表示非表示を交互に実行します。
slideToggle()の中に’slow’(遅い)、’nomal’(普通(指定なしと同じ))、’fast’(早い)を入れるとスライドスピードも変えられます。

超シンプルなコードなので色々カスタマイズできそうですね。
(classを足して開いているアコーディオンだけ色変えたりとか、一個表示してるときは他のアコーディオンは隠すとか。。。)

■一括開閉にチャレンジ!

$('.accordion_all_head').click(function() {
   $('.accordion_head').next().slideToggle();
});

■一番最初だけ開いた状態にチャレンジ!

$('.accordion_head:first').next().show();

■つのアコーディオンを開くと他は閉まるにチャレンジ!

$(document).ready(function(){
    $('.accordion_head').click(function() {
        $('.accordion_head').next().slideUp(); //←ここ追記
        $(this).next().slideToggle();
    }).next().hide();
});

■開いているアコーディオンの色を変えるにチャレンジ!

$(document).ready(function(){
    $('.accordion_head').click(function() {
        //ここから
        if($(this).is(".selected")){
            $(this).removeClass("selected");
        }else {
            $(this).addClass("selected");
        }
        //←ここまで追記
        $(this).next().slideToggle();
    }).next().hide();
});
.selected {
    background:選択中の色;
}
.selected + * {
    background:選択中の色;
}

WordPressでホームページのタイトルを表示

WordPressでホームページのタイトルを表示するたぐは以下。

<?php bloginfo('name'); ?>

wordpressのwp_list_pagesについて

wordpressのwp_list_pagesについて、
カスタマイズ方法メモ

通常の場合、『固定ページ』といったタイトルが表示されるが、
それを表示したくない場合は、
以下の様にする。

<ul><?php wp_list_pages('title_li='); ?></ul>

タイトルを変更する際は、
下記の様に値を入れてあげればよい。

<ul><?php wp_list_pages('title_li=ショッピングガイド'); ?></ul>

表示する階層の深さを指定する場合は、

<?php wp_list_pages('depth=2'); ?>

表示順序を管理画面で決めた順番にするには、

<?php wp_list_pages('sort_column=menu_order'); ?>

WordPress(プラグイン含む)の更新通知を非表示にするプラグイン

WordPressで納品をする際、クライアントにWordPressの更新じょうほうをあまり見せたくない場合がある。
その際に便利なのが、WordPress(プラグイン含む)の更新通知を非表示にするプラグイン「Disable WordPress Updates」。

Disable WordPress Updates

WordPress3.5にしたらprepareでエラーが出た場合の対処

WordPress3.5より 関数 prepare の第2引数が必須になりました。

これによって一部のプラグインで以下のようなエラーが出る場合がありました。
「Warning: Missing argument 2 for wpdb::prepare(), called in ~/wp-content/plugins/XXXXX/XXXXX.php on line 1712 and defined in ~/wp-includes/wp-db.php on line 990」

~3.4.2 wp-db.php

function prepare( $query = null ) { // ( $query, *$args )

(第2引数は関数内部で受取るようになってます)

3.5 wp-db.php

function prepare( $query, $args ) {

(第2引数は必須になってます)

これにより、prepare関数で第1引数だけで使っている場合にエラーが発生します。

不動産プラグインシリーズは今回のバージョンアップで対応しましたが、他社のプラグインはまだ対応できていないようです。

【緊急対策例】
 WordPressの コアファイル を触る事になりますが、他社のプラグインが対応するまで 一時的に prepare関数 を以前のコードに戻してみるのはいかがでしょうか。

wp-includes/wp-db.php

prepare関数 (WordPress3.4.2)

function prepare( $query = null ) { // ( $query, *$args )
    if ( is_null( $query ) )
        return;

    $args = func_get_args();
    array_shift( $args );
    // If args were passed as an array (as in vsprintf), move them up
    if ( isset( $args[0] ) && is_array($args[0]) )
        $args = $args[0];
    $query = str_replace( "'%s'", '%s', $query ); // in case someone mistakenly already singlequoted it
    $query = str_replace( '"%s"', '%s', $query ); // doublequote unquoting
    $query = preg_replace( '|(?<!%)%s|', "'%s'", $query ); // quote the strings, avoiding escaped strings like %%s
    array_walk( $args, array( &$this, 'escape_by_ref' ) );
    return @vsprintf( $query, $args );
}

こちらのコードと差し替えてみてください。
*他社のプラグインが対応すれば元に戻すのを忘れずに。

【追記】
 wp-config.php に以下のコードを追記する方法もあるようです。

@ini_set('display_errors', 0);

*PHPでのエラーの表示をオフにする

クリッカブルマップ(イメージマップ)の境界線を消す方法

リンクを仕込んだ画像をクリックすると、各版形に点線状の枠線が表示されます。
なんとなくぶしょったいので、下記にそれの対処の方法をメモしておきます。

CSS

.nonborder {
  border:none;
  outline:none;
}

html

<map name="Map" id="Map">
  <area shape="poly" onFocus="this.blur();" class="nonborder" 

japascript

var ua = navigator.userAgent;
var chkFF = ua.indexOf("Firefox",0);
if(chkFF>0){
  if($("#Map area").length){
    $("#Map area").attr("onFocus","");
  }
}

不動産プラグインでフィールドを非表示にする方法

WordPressのプラグイン「不動産プラグイン」でフィールドを非表示にする方法のメモ。
不動産プラグイン

fudo-functions.phpの

add_action('○○○', '○○○') ;

の部分をコメントアウトする。

WordPressで特定のカテゴリの最新記事を表示

WordPressで特定のカテゴリの最新記事を表示する方法

		<ul class="sidemenu">
			<?php
			$my_query = new WP_Query('cat=1&showposts=10');
			while ($my_query->have_posts()) : $my_query->the_post(); ?>
			<li><a href="<?php the_permalink() ?>" rel="bookmark"><?php the_title(); ?></a></li>
			<?php endwhile; ?>
		</ul>

WordPressでに入る»やスペースを消す方法

WordPressの専用タグ

<?php wp_title(); ?>

を使用する際、なぜか»やスペースが自動的に入ってしまう。

これは、デフォルトで決まっているためです。
公式サイト参照

これを解決するためには、以下の様なタグを記述すると良い。

<?php echo trim(wp_title('', false)); if (wp_title('', false)) ?>

共用サーバーSDでPHP List を使う時の対処

共用サーバーSDでは、htaccessの記述「DirectoryIndex」が使えないため、この部分をコメントアウトする必要がある。
さらに、
/lists/index.html
があるとindex.phpにアクセスできないため、削除する。

PHP List で「あなたのIPアドレスが変更されました。」を解除する方法

PHP List でネットワーク環境によっては、「あなたのIPアドレスが変更されました。」とエラーがでる場合がある。
解除したい場合は、
/lists/admin/index.php
の208~213行目あたりの

elseif (CHECK_SESSIONIP && $_SESSION["adminloggedin"] && $_SESSION["adminloggedin"] != $_SERVER["REMOTE_ADDR"]) {
    logEvent(sprintf($GLOBALS['I18N']->get('login ip invalid from %s for %s (was %s)'),$_SERVER['REMOTE_ADDR'],$_SESSION["logindetails"]['adminname'],$_SESSION["adminloggedin"]));
    $msg = $GLOBALS['I18N']->get('ipchanged');
    $_SESSION["adminloggedin"] = "";
    $_SESSION["logindetails"] = "";
    $page = "login";
  }

をコメントアウトする。

PHP List インストール方法

lists/config/config.phpの書き換え
データベース情報とドメイン情報の書き換えが必要です。また、送信用メールの設定も合わせて行います。
25行目~35行目までのデータベース情報を書き換えます。
# what is your Mysql database server

$database_host = “mysql***.db.sakura.ne.jp”;

# what is the name of the database we are using

$database_name = “*****”;

# who do we log in as?

$database_user = “****”;

# and what password do we use

$database_password = ‘****’;

49行目~53行目までのドメイン以下のディレクトリ情報の書き換えをします。
※listsというフォルダをそのまま使って、トップドメインのすぐ下にフォルダを設置した場合は変更不要ですが、フォルダの階層やフォルダ名を変更したい場合はここを書き換える必要があります。
# if you change the path to the PHPlist system, make the change here as well

# path should be relative to the root directory of your webserver (document root)

# you cannot actually change the “admin”, but you can change the “lists”

$pageroot = ‘/****’;

$adminpages = ‘/****/admin’;

75行目~88行目までのバウンスメール関連情報を書き換えます。
# Handling bounces. Check README.bounces for more info

# This can be ‘pop’ or ‘mbox’

$bounce_protocol = ‘pop’;

# set this to 0, if you set up a cron to download bounces regularly by using the

# commandline option. If this is 0, users cannot run the page from the web

# frontend. Read README.commandline to find out how to set it up on the

# commandline

define (“MANUALLY_PROCESS_BOUNCES”,1);

# when the protocol is pop, specify these three

$bounce_mailbox_host = ‘*****’;

$bounce_mailbox_user = ‘*****’;

$bounce_mailbox_password = ‘*****’;
lists/.htaccessの書き換え
ほとんどのレンタルサーバーの場合は12行目のphp設定は触れない事が多いと思いますので、#をつけてコメントアウト(無効化)します。
#php_flag magic_quotes_gpc on

WordPressでカテゴリーを表示する

WordPressでカテゴリーを表示する基本のタグは下記の通り。

<?php wp_list_categories(); ?>

また、下記の様に詳細を設定することもできる

<?php wp_list_categories('show_count=TRUE&child_of=10&title_li='); ?>

設定詳細

WordPressでカテゴリーを自由に並び変えることが出来るMy Category Order

My Category Orderを使ってカテゴリーを自由に並び変えることが出来る。
テンプレートファイルに直接書く場合は、

<?php wp_list_categories('orderby=order'); ?>

WordPressで更新順にする方法

例をメモしておきます。

<?php
$posts = query_posts(array(
    'posts_per_page' => 3,
    'orderby' => 'modified',
));?>
			<?php if ( have_posts() ) : ?>
				<ul class="indexNews">
				<?php while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
					<?php
						get_template_part( 'content-index', get_post_format() );
					?>
				<?php endwhile; ?>
				</ul>
			<?php else : ?>
				<p style="margin: 50px auto 0 40px;">ただ今準備中です。</p>
			<?php endif; ?>
			<?php wp_reset_query(); ?>

カスタムフィールドを使いやすくする Custom Field Template

ダウンロードは以下から
Custom Field Template

設定のテンプレートコンテンツには、以下のように入力する

[Plan]
type = text
size = 35
label = Where are you going to go?

[Plan]
type = textfield
size = 35
hideKey = true

[Favorite Fruits]
type = checkbox
value = apple # orange # banana # grape
default = orange # grape

[Miles Walked]
type = radio
value = 0-9 # 10-19 # 20+
default = 10-19
clearButton = true

[Temper Level]
type = select
value = High # Medium # Low
default = Low

[Hidden Thought]
type = textarea
rows = 4
cols = 40
tinyMCE = true
htmlEditor = true
mediaButton = true

[File Upload]
type = file

また、テンプレートファイルには、以下のように追記する。

■テキストを表示させる例

<?php echo get_post_meta($post->ID,'住所', true);?>

■画像を表示させる例

<?php echo wp_get_attachment_image(post_custom('メインイメージ'),'originalImage'); ?>

■googleマップを表示させる例

<iframe width="580" height="400" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="http://maps.google.co.jp/maps?q=<?php echo get_post_meta($post->ID,'住所',true); ?>&amp;z=25&amp;output=embed"></iframe><br /><a href="http://maps.google.co.jp/maps?q=<?php echo get_post_meta($post->ID,'住所',true); ?>&amp;gl=jp&amp;t=m&amp;z=25&amp;iwloc=A&amp;source=embed" target="_blank">大きな地図で見る</a>

WordPress カスタムフィールドの表示方法

WordPressのカスタムフィールドの表示タグは以下の通り。


<?php
$field = get_post_meta($post--->ID, 'カスタムフィールドの名前', true);
if($field != '') {
echo get_post_meta($post->ID, 'カスタムフィールドの名前', true);
} else {
echo '値が空欄の表示文言';
}
?>

CGIで特定の文字(表・予・申・能など)が文字化けする

CGIで普通に『表・予・申・能』などといった文字を打つとなぜか文字化けします。
これは、Shift_JISコードに替えた際、末尾が「5C」となるために起こる現象です。
この現象を避けるためには、文字化けする文字の後に「\」と記述する。

CGIでメールを送信する際の件名や宛先の文字化け

CGIでメールを送信する際、件名や宛先の文字化けが文字化けすることがある。

その際は、生田 昇さんという方が公開されている mime_pls というライブラリを利用すると便利。

http://www.cc.rim.or.jp/~ikuta/mime_pls/index.html

上記から、 mimer.pl と mimew.pl という perl スクリプトを入手できます。

mimer.pl はデコード用、mimew.pl はエンコード用です。

エンコードする場合は、mimew.pl を使います。

使い方は簡単で、MIME エンコードしたい文字列を &mimeencode に 渡せば、エンコードした文字列を返してくれます。


#!/usr/local/bin/perl

require 'mimew.pl';

$sendmail = '/usr/sbin/sendmail';
$nkf   = '/usr/local/bin/nkf';

$from = '山田太郎 <taroh@foo.org>';     # 宛先の書き方1
$to = 'tanaka@tanaka.hoge.org (田中次郎)'; # 宛先の書き方2
$cc = '河田花子 <hanako@fuga.org>';

$subject = 'サブジェクト';

$body = <<END;
本文です。てすとてすと。
ほげほげ。ふがふが。むにゃむにゃ。
END

open(SENDMAIL,"| $nkf -j | $sendmail -t -i");

# &mimeencode で MIME エンコード
$encoded_from  = &mimeencode($from);
$encoded_to   = &mimeencode($to);
$encoded_cc   = &mimeencode($cc);
$encoded_subject = &mimeencode($subject);

print SENDMAIL "From: $encoded_from\n";
print SENDMAIL "To: $encoded_to\n";
print SENDMAIL "Cc: $encoded_cc\n";
print SENDMAIL "Subject: $encoded_subject\n";
print SENDMAIL "\n";
print SENDMAIL "$body";

close(SENDMAIL);

contact form 7 にccを追加する

コンタクトフォーム7にccを追加するには、「追加ヘッダー」の箇所に、

CC:sample@gmail.com

といった感じで追加する。

詳細→http://contactform7.com/adding-cc-bcc-and-other-mail-headers/?lang=ja

PHP LISTのテストモードを解除する方法

ログインして上部に

「Running in testmode, no emails will be sent. Check your config file」

と出てくると、テストモードが解除されていない。

このテストモードを解除するには、
/lists/config/config.php
の193行目あたり

# if test is true (not 0) it will not actually send ANY messages,
# but display what it would have sent
define (&quot;TEST&quot;,0);

define (&quot;TEST&quot;,1);

define (&quot;TEST&quot;,0);

とする。

jqueryのスタイリッシュなカウントダウンタイマー”jquery-countdown”

jqueryの見た目がきれいなカウントダウンです。

 

〔必要なjavascript〕

 <script src="/js/jquery-1.6.4.min.js" type="text/javascript" charset="utf-8"></script><script src="js/jquery.countdown.js" type="text/javascript" charset="utf-8"></script><script type="text/javascript">
      $(function(){
        $('#counter').countdown({
          image: '/images/digits.png',
          startTime: '01:12:12:00'
        });
      });
    </script>

 

〔必要なcss〕

 <style type="text/css">
      br { clear: both; }
      .cntSeparator {
        font-size: 54px;
        margin: 10px 7px;
        color: #000;
      }
      .desc { margin: 7px 3px; }
      .desc div {
        float: left;
        font-family: Arial;
        width: 70px;
        margin-right: 65px;
        font-size: 13px;
        font-weight: bold;
        color: #000;
      }
    </style> 

 

〔必要なhtml〕

</p>
<div id="counter">&nbsp;</div>
<div class="desc">
	<div>D&iacute;as</div>
	<div>Horas</div>
	<div>Minutos</div>
	<div>Segundos</div>
</div>
<p>

 
Días
Horas
Minutos
Segundos

WordPressでテンプレートファイル内に指定したページを表示させる方法

WordPressでテンプレートファイル内に指定したページを表示させる方法

 <?php query_posts('pagename=quick'); ?>
<?php  if(have_posts()):
while(have_posts()): the_post(); ?>
<?php the_content(); ?>
<?php endwhile; endif; ?>

WordPress テーマディレクトリのパスを出力するタグ

WordPress テーマディレクトリのパスを出力するタグ

 

<?php bloginfo('template_directory'); ?>

jQuery の Cycle で、フェードイン・フェードアウト切替のスライドショー

ホームページの案件で

「画像をFlashを使って切り替えて表示させたい。」

という要望が結構多い。

 

もちろん、Flashを使って画像をフェードイン&フェードアウトさせても良いのだが、

なんだFlashのソフトを立ち上げて、画像を読み込んで・・・

など、作成するのにある程度の時間を要するし、メンテナンスなんかの時も大変。

 

そこで、jQueryを使って画像を簡単にフェードイン&フェードアウトして切り替える方法をメモしておきます。

 

〔サンプル例〕

 

5つの画像を、フェードイン・フェードアウトのアニメーションで、順番に表示する。

1つの画像の表示時間は、2秒。

フェードイン・フェードアウトのアニメーション動作時間は、3秒。

 

1.それぞれのjavascriptを読み込む

<script type="text/javascript" src="jquery.js"></script><script type="text/javascript" src="jquery.cycle.all.js"></script>

 

2.javascriptのコードを記載

<script>
<!--
jQuery( function() {
    jQuery( '#jquery-cycle' ) .cycle( {
        fx: 'fade',
        speed: 3000, 
        timeout: 2000
    } );
} );
// -->
</script>

【fx】
スライドが切り替わるアニメーションの種類を指定するオプション。 フェードイン・フェードアウトのアニメーションにするには、「fade」を指定。

【speed】
スライドが切り替わるアニメーション動作速度を指定するオプション。 3000ミリ秒を指定した。

【timeout】
スライド1つ1つの表示時間を指定するオプション。 2000ミリ秒を指定した。

 

3.htmlに画像を記載

</p>
<div id="jquery-cycle"><img src="1.jpg" /> <img src="2.jpg" /> <img src="3.jpg" /> <img src="4.jpg" /> <img src="5.jpg" /></div>
<p>

 

 

以上。

参照元:http://alphasis.info/2011/07/jquery-cycle-fade/

アメブロなどの外部RSSから広告リンクを削除する方法

アメブロなどの外部RSSから広告リンクを削除する方法

アメブロなどのRSSを表示しようとすると、なぜかRSSに広告リンクが入ってしまいます。

まるで自分たちがわざわざ広告記事を書いている様で大変うっとうしいですね。。

そこでとてもうれしいのが下記サイト!

http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.info?_id=DrFZRK663RGaE1sE1pzWFw

上記アドレスにアクセスし、URLボックスに入力。

で「Run Pipe」ボタンを押すと広告を除いたRSSを表示してくれます。

で「Get as RSS」というテキストリンクをクリックすると広告を除いたRSSを取得することができます!

WordPressで外部のRSSを表示するタグ

WordPressで外部のRSSを表示するタグ

<h4 class="indexTitle">ブログ最新情報</h4>
<?php // Get RSS Feed(s)
include_once(ABSPATH . WPINC . '/rss.php');
$rss = fetch_rss('ブログのURL');
$maxitems = 5; // 最大表示件数
$items = array_slice($rss->items, 0, $maxitems);
?>
<ul class="indexNews">
<?php if (empty($items)) echo '<li>No items</li>';
else
foreach ( $items as $item ) : ?>
<li><span class="indexNewsDate"><?php $item_date  = $item['pubdate'];
$out_item_date  = date('Y年n月j日', strtotime($item_date) + 9*3600); // 変更部分
echo $out_item_date; ?></span>
<a href='<?php echo $item['link']; ?>'
title='<?php echo $item['title']; ?>' target="_blank">
<?php echo $item['title']; ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

WordPressで最新の投稿を表示するタグ

トップページに最新記事5件を日付・タイトルをリスト表示。
さらに過去30日以内の記事にはNEWアイコンを付けるコード。

<ul>
  <?php query_posts('posts_per_page=5'); ?>
  <?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
  <li>
  <span class="date">
  <?php the_time('Y年n月j日'); ?>
  <?php
    $days=30;
    $today=date('U'); $entry=get_the_time('U');
    $diff1=date('U',($today - $entry))/86400;
    if ($days > $diff1) {
  echo '<img src="images/new.gif" alt="New" />';
  }
  ?>
  </span>
    <a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title();?></a>
  </li>
  <?php endwhile; endif; ?>
  <?php wp_reset_query(); ?>
</ul>

WordPressの条件分岐タグまとめ

まずは、基本的なif文の使い方

 <?php if(is_page('42')): ?>
このページはページIDは"42"です!
<?php elseif(is_page('About Me')): ?>
このページのタイトルは"About Me"です!
<?php elseif(is_page('about-me')): ?>
このページの投稿スラッグは"about-me"です!
<?php endif; ?>


<?php if(is_home()): ?>
<h1>AAAAAAAAAA</h1>
<?php else: ?>
<h1>BBBBBBBBBB</h1>
<?php endif; ?>

WordPressの条件分岐タグのじぶんなりのまとめです。 スラッグに「index」が付いているページ

 <?php if(is_page('index')): ?>~ <?php endif; ?>

メインページ

 <?php if(is_home()): ?>~ <?php endif; ?>

フロントページ サイトのフロントページが表示されている場合。投稿の場合とページの場合あり。管理画面の「設定>表示設定>トップページの表示」で、「最新の投稿」が選択されているか、「固定ページ (以下を選択)」で現在のページが表示されている場合。 注: この条件タグは バージョン 2.5 で追加。

 <?php if(is_front_page()): ?>~ <?php endif; ?>

シングルページ

 <?php if(is_single()): ?>~ <?php endif; ?>

記事を含むページ

 <?php if(comments_open()): ?>~ <?php endif; ?>

WordPress ループ内で処理中の記事がコメント受信を受け付けている場合

 <?php if(pings_open()): ?>~ <?php endif; ?>

WordPress ループ内で処理中の記事がピン(ピンバックおよびトラックバック)を受け付けている場合 ページ

 <?php if(is_page()): ?>~ <?php endif; ?>

ページテンプレート(バージョン 2.5以降)

 <?php if(is_page_template()): ?>~ <?php endif; ?>

カテゴリーページ

 <?php if(is_category()): ?>~ <?php endif; ?>

アーカイブページ タグページ 日付別ページ

 <?php if(is_date()): ?>~ <?php endif; ?><?php if(is_year()): ?>~ <?php endif; ?><?php if(is_month()): ?>~ <?php endif; ?><?php if(is_day()): ?>~ <?php endif; ?><?php if(is_time()): ?>~ <?php endif; ?>

検索結果ページ

 <?php if(is_search()): ?>~ <?php endif; ?>

404 Not Found ページ

 <?php if(is_404()): ?>~ <?php endif; ?>

詳細条件分岐指定 シングルページ

 <?php if(is_single('17')): ?>~ <?php endif; ?>

ID 17の記事が表示されている場合

 <?php if(is_single('Irish Stew')): ?>~ <?php endif; ?>

“Irish Stew”(ビーフシチュー)というタイトルの記事が表示されている場合

 <?php if(is_single('beef-stew')): ?>~ <?php endif; ?>

“beef-stew”(ビーフシチュー)という投稿スラッグの記事が表示されている場合

 <?php if(is_single(array(17,'beef-stew','Irish Stew'))): ?>~ <?php endif; ?>

ID が 17、投稿スラッグが “beef-stew”、またはタイトルが “Irish Stew” のいずれかにあてはまる記事が表示されている場合。注: 配列を引数に使えるのは バージョン 2.5 以降 ページ

 <?php if(is_page('42')): ?>~ <?php endif; ?>

ID 42のページが表示されている場合

 <?php if(is_page('About Me And Joe')): ?>~ <?php endif; ?>

“About Me And Joe”というタイトルのページが表示されている場合

 <?php if(is_page('about-me')): ?>~ <?php endif; ?>

“about-me”という投稿スラッグのページが表示されている場合

 <?php if(is_page(array(42,'about-me','About Me And Joe'))): ?>~ <?php endif; ?>

ID が 42、投稿スラッグが”about-me”またはタイトルが”About Me And Joe”のいずれかにあてはまるページが表示されている場合 注: 配列を引数に使えるのは バージョン 2.5 以降 ページテンプレート(バージョン 2.5以降)

 <?php if(is_page_template('about')): ?>~ <?php endif; ?>

“about”というページテンプレートが使われている場合 カテゴリーページ

 <?php if(is_category('9')): ?>~ <?php endif; ?>

カテゴリーID 9のアーカイブページが表示されている場合

 <?php if(is_category('Stinky Cheeses')): ?>~ <?php endif; ?>

“Stinky Cheeses”というカテゴリーのアーカイブページが表示されている場合

 <?php if(is_category('blue-cheese')): ?>~ <?php endif; ?>

“blue-cheese”というカテゴリースラッグのアーカイブページが表示されている場合

 <?php if(in_category('5')): ?>~ <?php endif; ?>

現在の記事がカテゴリーID 5に属する場合にtrueを返す タグページ

 <?php if(is_tag('mild')): ?>~ <?php endif; ?>

“mild”というスラッグのついたタグのアーカイブページが表示されている場合

<?php if(is_tag(array('sharp','mild','extreme'))): ?>~ <?php endif; ?>

“sharp”または”mild”または”extreme”というスラッグのついたタグのアーカイブページが表示されている場合 注: 配列を引数に使えるのは バージョン 2.5 以降

以下カスタム投稿含めたまとめ

<?php if(is_page()): ?>
固定ページの場合のみ表示

<?php elseif(is_single()): ?>
<?php if ( get_post_type() === '投稿タイプ名' ): ?>
指定されたカスタム投稿タイプ名の場合のみ表示
<?php else: ?>
投稿の個別ページの場合のみ表示
<?php endif; ?>

<?php elseif(is_category()): ?>
カテゴリーページの場合のみ表示
<?php elseif(is_post_type_archive('カスタム投稿タイプ名')): ?>
指定されたカスタム投稿タイプ名のアーカイブページの場合のみ表示
<?php elseif(is_tax('カスタム分類名')): ?>
指定されたカスタム分類名ページの場合のみ表示
<?php elseif(is_tag()): ?>
タグのアーカイブページtag.phpの場合のみ表示
<?php elseif(is_search()): ?>
検索結果ページの場合のみ表示
<?php elseif(is_404()): ?>
404ページの場合のみ表示
<?php else: ?>
それ以外
<?php endif; ?>

PHPで外部URLのファイルを読み込んで表示させる方法

PHPのfile_get_contentsという関数を使うと
指定したサイトの内容をそのままごっそり抜き出すことができます。
<?php
$foodlink = file_get_contents('http://c-partner.biz/foodlink.php');
echo $foodlink;
?

WordPressで設置ディレクトリとは異なるディレクトリで表示

【1】管理画面 「設定」→「一般設定」の「ブログのアドレス(URL)」を希望のアドレスに書き換えて保存。
ex.) http://www.hogehoge.com
【2】ルートディレクトリに、WordPress 本体がおいていあるディレクトリの index.php,.htaccess を移動する。
【3】ルートディレクトリに移動した index.php を編集する。
<変更前>

/* Short and sweet */
define('WP_USE_THEMES', true);
require('./wp-blog-header.php'); ※ここが変更箇所
?>

【4】4行目 require(‘./wp-blog-header.php’); を require(‘./○○○○/wp-blog-header.php’); と書き換えて保存。(「○○○○」は、WordPress 本体をインストールしてあるディレクトリ名)

<変更後>

/* Short and sweet */
define('WP_USE_THEMES', true);
require('./○○○○/wp-blog-header.php');
?>

この index.php は、WordPress 内部の動作命令すべてを受け取るファイルです(wp-blog-header.php から読み取っている)。なので、ここで編集した index.php から wp-blog-header.php へのパスを WordPress 本体がインストールされているサブディレクトリをはさんだパスに変更する、ということになります。

.htaccess のパーミッションを書き込み可能にする。(mod_rewrite ルールの変更。書き込み可能にしておけば、自動的に .htaccess の中身を変更してくれます。mod_rewrite ルールは手動で書き換えることも可能です。手順 6 を参考にしてください)
.htaccess の変更前のソースは以下。

<変更前>

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /○○○○/index.php [L] ※ここが変更箇所

# END WordPress

.htaccess の中身を確認。以下のように書き換わっていれば OK。

<変更後>

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L] ※書き換わった状態

# END WordPress

手順 2 で説明したように、変更前は /○○○○/index.php を読み込ませていましたが、ルートディレクトリ直下に移動した /index.php を読み込ませるように.htaccess で操作しています。

【5】http://www.hogehoge.com/○○○○/wp-login.php からログインしなおす。
【6】パーマリンク設定をデフォルトから変更していた場合、再度保存しなおす。
※手動で .htaccess を書き換える場合には、管理画面のいちばん下に書き換えるためのソース(↑上のソース)が出力されますので、それを.htaccess にコピペして保存します。
【7】新しいサイト URL にアクセスし、正常に表示されるか確認。
【8】.htaccess のパーミッションを書き込み不能に戻す。

EC-Cube googleAnalyticsでの目標設定

EC-CubeでgoogleAnalytics目標設定をする際のメモ

目標名:購入完了
マッチタイプ:前方一致
目標URL:http://sample.com/shopping/complete.php
ステップ1:/cart/ (カート画面)
ステップ2:/shopping/deliv.php (お届け先の指定)
ステップ3:/shopping/payment.php (お支払方法・お届け時間等の指定)
ステップ4:/shopping/confirm.php (ご入力内容のご確認)

目標名:新規会員登録
マッチタイプ:前方一致
目標URL:http://sample.com/entry/complete.php
ステップ1:/entry/kiyaku.php (利用規約)
ステップ2:/entry/ (会員登録(入力ページ))
ステップ3:/entry/? (会員登録(入力確認ページ))

WordPress パーマリンク設定

http://sample.com/任意

とする場合、パーマリンク設定で「カスタム構造」を選択し、テキストボックスに

/%postname%/

と入れる。

また、カテゴリ―を含める際は、

/%category%/%postname%/

とする。

 

WordPress のカテゴリーベースのパーマリンクはデフォルトだと 「~/category/xxx」 になりますが、MTからの移行の際に前回までのカテゴリー設定にあわせカテゴリーベースのパーマリンクを空値にしたい。。
という時は、下記プラグインをインストールする。

WP No Category Base

ヘッダにを記述

WordPressでテーマを作成する際、ヘッダに

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>1

と記述するとエラーになってしまう。
そのため、

1<?
echo "<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>";
?>

と記述する。

WordPressでマルチサイト時のテーマの追加

WordPressをマルチサイトにし、テーマを追加する際は、
ヘッダメニューの「サイトネットワーク管理者」より、

テーマ > ネットワーク有効化

しなければならない。

Ablenet EC-Cubeをインストールした際、formなどリダイレクトする際、SSL強制移

/data/class/SC_Response.php

の92行目の

function sendRedirect($location, $arrQueryString = array(), $inheritQueryString = false, $useSsl = null) {

function sendRedirect($location, $arrQueryString = array(), $inheritQueryString = false, $useSsl = true) {

にする。

※EC-Cubeバージョン2.11.1

AblenetでEC-Cubeを使用したとき、shoppingディレクトリーを強制的にSSLに

/data/class/pages/shopping/LC_Page_Shopping.php
の98行目の

$objSiteSess));

$objSiteSess),array(),false,true);

に変更。

※EC-Cubeバージョン2.11.1

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress