?author=1でユーザー名がばれるのを防ぐ

WordPressでは、htttp://ドメイン?author=1でユーザー名がばれてしまう。
そのため、下記内容のauthor.phpテンプレートをアップすることで防ぐ。

<?php
    wp_redirect(home_url());
    exit();

IE8のpng透過の際、黒くなる場合の対処

透過対象に背景色を指定してあげることで解消

img{
	background: #FFF; /*背景色を指定*/
}

ページを読み込んでからアンカー移動

WordPressの記事内容を文字数を制限して表示

WordPressで記事の内容を表示させたい時は
記事内容表示テンプレートタグ

<?php the_content(); ?>

で表示されます。 これを文字数を制限するには

<?php echo mb_substr(strip_tags($post-> post_content),0,200); ?>

更に制限した記事の後ろに ・・・を追加

<?php echo mb_substr(strip_tags($post-> post_content),0,200).'...'; ?>

WordPressでカスタムタクソノミー一覧を表示する

WordPressでカスタムタクソノミー一覧を表示する場合は、
以下のコードを使用すると良い。

<?php
$args = array(
	'numberposts' => -1,			//表示(取得)する記事の数 ※-1で全件表示
	'post_type' => 'shop',		//投稿タイプの指定
	'taxonomy' => 'area',			//タクソノミー名を指定
	'term' => 'kyubo',				//タームを指定
	'orderby' => 'date',			//ソート対象を指定
	'order' => 'DESC'					//ソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
);
$customPosts = get_posts($args);
if($customPosts) : foreach($customPosts as $post) : setup_postdata( $post );
?>
<div><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></div>
<?php endforeach; ?>
<?php else : //記事が無い場合 ?>
<div><p>記事はまだありません。</p></div>
<?php
endif;
wp_reset_postdata(); //クエリのリセット
?>

証明書のインストールボタンが表示されない

証明書をインストールしたいけど、そのボタンが表示されないときの対応メモ。
ツール>インターネットオプション>セキュリティ
信頼済みサイトを選択
サイトをクリック
このwebサイトをゾーンに追加する
ブラウザを開きなおせば、証明書のインストールボタンは表示される。

【WordPress】アーカイブページで現在のカテゴリ・タグの情報を簡単に取得する方法

1. 以下の関数をそのままfunctions.php内の最下部あたりに貼り付けます。

/*
	アーカイブページで現在のカテゴリー・タグ・タームを取得する
*/
function get_current_term(){

	$id;
	$tax_slug;

	if(is_category()){
		$tax_slug = "category";
		$id = get_query_var('cat');	
	}else if(is_tag()){
		$tax_slug = "post_tag";
		$id = get_query_var('tag_id');	
	}else if(is_tax()){
		$tax_slug = get_query_var('taxonomy');	
		$term_slug = get_query_var('term');	
		$term = get_term_by("slug",$term_slug,$tax_slug);
		$id = $term->term_id;
	}

	return get_term($id,$tax_slug);
}

2. あとはアーカイブ(category.php、tag.phpなど)テンプレートの任意の場所に以下のソースコードを記述するだけ!

//カテゴリ・タグ・カスタムタクソノミー オブジェクトを取得
$term = get_current_term(); 

//以下は必要に応じて記述
echo $term->name; //名前を表示
echo $term->slug; //スラッグを表示
echo $term->description; //説明文を表示
echo $term->count; //投稿数を表示

地味な関数ですが今まではアーカイブの種類ごとに記述を変更する必要がありましたが、この関数で各アーカイブ共通の記述で情報が取得できるようになるので重宝するかと思います。
※この関数は投稿ページ(single.php)では使用できません。投稿ページではget_the_category()やget_term()をお使いください。

WordPressに管理画面固定ページ一覧でスラッグを表示させる方法

WordPressに管理画面固定ページ一覧でスラッグを表示させる方法は以下をfunctions.phpに記述する。

function add_page_columns_name($columns) {
 $columns['slug'] = "スラッグ";
 return $columns;
}
function add_page_column($column_name, $post_id) {
 if( $column_name == 'slug' ) {
 $post = get_post($post_id);
 $slug = $post->post_name;
 echo attribute_escape($slug);
 }
}
add_filter( 'manage_pages_columns', 'add_page_columns_name');
add_action( 'manage_pages_custom_column', 'add_page_column', 10, 2);

Jqueryを使ったタブ

Jqueryをつかったタブは下記の様にする
参考:http://5am.jp/jquery/jquery_ui_tabs/

<head>
<!-- jQuery -->
	<script type="text/javascript" src="/jquery-1.####.min.js"></script>

<!-- ui tabs.js -->
	<script type="text/javascript" src="/ui.core.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="/ui.tabs.js"></script>
	<link href="/ui.tabs.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

<script type="text/javascript">
	$(function() {
		$('#ui-tab > ul').tabs({ fx: { opacity: 'toggle', duration: 'normal'  } });
	});
</script>

</head>
<div id="ui-tab">
	<ul>
		<li><a href="#fragment-1"><span>タブ1</span></a></li>
		<li><a href="#fragment-2"><span>タブ2</span></a></li>
		<li><a href="#fragment-3"><span>タブ3</span></a></li>
	</ul>
	
	<div id="fragment-1">
		<p>タブ1の内容</p>
	</div>
	
	<div id="fragment-2">
		<p>タブ2の内容</p>
	</div>
	
	<div id="fragment-3">
		<p>タブ3の内容</p>
	</div>

</div>

single.phpでthe_content()が表示されない解決法

オリジナルテーマを作成時に single.php で the_content() が反映されない。
は表示されるのに、が表示されないのです。

その時は、the_content()のかわりに

<?php
$this_content= wpautop($post->post_content);
echo $this_content;
?>

と記載

wordpressでAJAXで次ページを読み込む「jQuery.autopager」

まずは、jQuery.autopagerをダウンロード。

基本的には

<script type="text/JavaScript">
$(function(){
	$.autopager({
		content	: '.content',	// ロードしたいコンテンツ部分のセレクタ 
		link	: '#next'	// 次ページへのリンクのセレクタ
	});
});
</script>

ボタンで読み込むには

<script type="text/JavaScript">
$(function(){
	$.autopager({
		content	: '.content',	// ロードしたいコンテンツ部分のセレクタ 
		link	: '#next',	// 次ページへのリンクのセレクタ
		autoLoad: false,	// スクロールで自動読込みするどうか
		load	: function(){	// 読み込み完了後に発生するイベント
			// "this"は読み込んだコンテンツ要素を指す
			$(this).before('<hr/>'); // 左記は例(読み込んだヤツの前に区切り線を追加))
		}
	});
	$('#next').click(function(){	// 次ページへのリンクボタンが押されたら
		$.autopager('load');	// loadしやがれぃ!
		return false;
	});
});
</script>

さらに、最後読み込んだ後ボタンを消すにはload部分を下記に変える

load: function(current, next){
if( current.page >= max_num_pages; ?> ){
$(‘#next’).hide();
}
}

SNSの設置方法まとめ

SNSの設置方法まとめは以下を参考
https://syncer.jp/how-to-setting-share-button

WordPressのシングルページで前後の記事のリンクを表示方法

WordPressのシングルページで前後の記事のリンクを表示方法は以下

    <div class="pagination_box">
      <ul>
<?php $nextpost = get_adjacent_post(false, '', false); if ($nextpost) : ?>
        <li class="fL"><a href="<?php echo get_permalink($nextpost->ID); ?>"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/prev_btn.png" alt="prev"></a></li>
<?php else: ?>
        <li class="fL"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/prev_btn_none.png" alt="prev"></li>
<?php endif; ?>
        <li class="fL"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/pagination_separator.png" alt="separator"></li>
<?php $prevpost = get_adjacent_post(false, '', true); if ($prevpost) : ?>
        <li class="fL"><a href="<?php echo get_permalink($prevpost->ID); ?>"><img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/next_btn.png" alt="prev"></a></li>
<?php endif; ?>
      </ul>
      <p><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>radio/">VIEW ALL</a></p>
    </div>

Advanced Custom Fieldsで他のページのフィールドを値に格納する方法

Advanced Custom Fieldsで他のページのフィールドを値に格納する方法は以下

$food01image = get_field('food01image', 22, true);

マウスオーバー時に透過するCSS

a img:hover {
	filter: alpha(opacity=70);
	-moz-opacity:0.70;
	opacity:0.70;
 	}


a .nonHover:hover {
	filter: alpha(opacity=100);
	-moz-opacity:1.00;
	opacity:1.00;
 	}

IEでinputに背景で画像を表示させるとき

IEでinputに背景で画像を表示させるとき、

text-indent: -9999px

と指定すると、IEの7や8で画像がどこかへいってします。
その際は、

display: block;
border-width: 0px;

を指定すると良い。

背景画像の大きさを設定するCSS

背景画像の大きさを設定するCSSは、各ブラウザの事を考え、下記の様に設定する。

	background-size: 42px 15px;
	-webkit-background-size: 42px 15px;
	-moz-background-size: 42px 15px;
	-o-background-size: 42px 15px;
	-ms-background-size: 42px 15px;

jquery で要素をカウント

<!-- エラー重複処理 -->
<script type="text/javascript">
// <![CDATA[
//郵便番号
$(function(){
	//"div.categoryの要素毎に処理する
	$(".errorZip").each(function () {
	//"div.categoryの要素内のliの数をカウント
		var num = $(this).find('p').length;
		//alert (num);
	//"div.category内のul.catlist liが0件だったら
		if(num >= 2){
		$('.errorZip00').css('display','block');
		$('.errorZip01').css('display','none');
		$('.errorZip02').css('display','none');
		}
	});

});
// ]]>
</script>

WordPress の自動アップデートを止める方法

WordPress の自動アップデートを止めるには、config.phpに下記を追記する。

/** 自動アップデートの無効 */
define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

CSSで最低の高さを実現する。

/*————————————————
500pxの最低の高さ
————————————————-*/
#hoge {
min-height:500px;
height:auto !important;
height:500px;
}

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress